本文へスキップ

新しい視点で同窓会活動をする 新居浜高専 関東ひうち会

関東親睦会は、故郷(新居浜)と関東地域の絆を構築します。

関東ひうち会ホームページへようこそ。    
ここは、新居浜工業高等専門学校(新居浜高専)の関東地区同窓会である「関東ひうち会」に関する情報をお知らせしています。
新居浜高専は、創立50周年を過ぎ、7,000名に及ぶ卒業生が、各界で活躍しておられます。
当サイトには、関東ひうち会からのお知らせや懇親会報告などを掲載しています。



お 知 ら せ

new寄席鑑賞&親睦会寄席鑑賞&親睦会の開催ご案内






new
「関東ひうち会」令和元年度 秋季懇親会、     盛大に開催されました!

 2019年11月16日(土)、関東ひうち会秋季懇親会は盛大に開催されました。
今回は、赤坂のど真ん中の場所を設定しました。→ 赤坂やげん亭
ゲストも多彩です。新居浜工業高等専門学校 校長・八木雅夫先生、はるばる愛媛から参加していただきました。→ 八木校長先生メッセージ
(現役の校長先生のご参加は、県外では初めてです)
また、関西燧会から2人、参加していただきました。
新規入会者の紹介あり、今回初参加の人の紹介あり、詩吟あり、各業種毎に活躍する人のスピーチあり、各クラブ毎の紹介あり、旧交を温める懇談あり等、盛りだくさんの内容で、あっという間の3時間でした。

ご協力ありがとうございました。



(クリックすると大きな画像が表示されます)

懇親会の詳細は下記ご参照ください。
→ 式次第
→ 参加者一覧
→ 参加者の360度パノラマ写真
 
【参加者のスナップ写真】

















(クリックすると大きな画像が表示されます)


(尚、写真撮影は、久門易さん(15E)にお願いしました。久門さんはプロ写真家で、現在、川﨑にて写真道場を開いておられます)→ ちいさな伝記株式会社








 
2019/Apr./27、「関東ひうち会」の行事で、同窓生の村上さんが社長を務めている「川崎バイオマス発電所」見学会を行ないました。
ここでは、主に解体された家屋の木材で発電をしており、都市型バイオマス発電所としては、日本第一号だそうです。
案内役の村上さんを含めて、13人が出席しました。
企業の一線で技術者として活躍していた経験を持った、また、現役で活躍している出席者からは中身の濃い、質問がなされるとともに、発電施設の大きさやその構造に驚いていました。
見学終了後は、希望者8人で川崎駅近くの中華料理屋で懇親会でした。
会員相互の親睦を深められました。

(画像をクリックすると大きな画面が表示されます)


【川崎バイオマス発電所】
 川崎バイオマス発電所は、石油・石炭などの化石燃料を使用せず、100%バイオマス燃料(木くずや廃材、植物資源などのバイオマスを加工してつくる燃料)を使ったCO2フリー電気を供給する環境にやさしい発電所。川崎バイオマス発電所で発電することで、年間約12万tのCO2を削減できる。
 また、川崎市の厳しい環境基準をクリアするために、地方のバイオマス発電所にはない排煙脱硫装置や排煙脱硝装置、バグフィルターといった環境設備を備えた国内唯一の「都市型バイオマス発電所」となっている。(川崎市川崎区のホームページから抜粋)


川崎バイオマス発電所の詳細はこちら https://www.kawasaki-biomass.jp/power-plant/



新入会者募集のポスターを作成しました!
 関東ひうち会若手会の発案により、新入会者確保のためのポスターを作成して、28日に新居浜高専内に掲示等しました。※作成:松原さん(電子制御工学科35期生)

→ ポスター




新しく意見・論文コーナーが開始されます。

初回は、佐野満秋さん(9M)「新居浜高専の思い出そのです。



久門易さん(15E)が神奈川新聞に紹介されました。

 毎年、プロの技で関東ひうち会懇親会の撮影をやっていただいている関東ひうち会会員 久門 易さん(15E)が神奈川新聞に紹介されました。久門さんは、川崎で写真道場を経営し、写真による「世界に一冊しかない自分史つくり」を勧められています。
会員の方で興味のある方は、是非、久門さんまで、連絡してみてください。



※平成30年度の秋季懇親会模様は活動報告へ!

※若手会(青年部)が発足しました!




トピックス・新着情報



関東ひうち会本部 会員情報

[ご質問があれば
「入会とお問い合わせ」より、ご連絡ください